奥二重のためのアイメイク術

奥二重のためのアイメイク術

奥二重のためのアイメイク術

実は二重なんだけど、パッと見は一重に見えてしまう奥二重。
日本人に最も多いとも言われている目元です。
パッチリ二重ではないので、アイメイクにも奥二重に合ったやり方必要です。

 

奥二重のアイメイクで重要なのは二重のラインを残しつつメイクすること。
そのためにはアイラインをまつげの根本に細くしっかり塗ることが大事です。
奥二重の場合、目を開けたときアイラインが目立つので、太く引くと二重の幅まで消してしまいます。

 

目尻のアイラインの引き方で相手への印象を変えることも出来ます。
目尻の延長線上、下向きに少しはみ出る位にアイラインを引くと目が横に大きくみえます。
また、目尻を下げることで優しく、柔らかい印象に変えることも出来ます。
奥二重の目は切れ長でクールな印象を持たれがちなので、この方法はオススメです。
逆に目尻の延長線上、上向きに少しはみ出る位にアイラインを引くと、よりクールな印象を与えることができます。

 

奥二重の人は目を開けたときに、まつ毛の生え際が見えてしまうことがあります。
ですので、マスカラは根元から丁寧に塗ること大事です。
ただ、マスカラをつける為にビューラーでまつ毛を上げ過ぎるのは厳禁です。
奥二重の場合はまつ毛をカールしすぎると、マスカラを付けた時にまぶたについてしまうことがあります。
まつ毛の印象も強くなりすぎるので、まつ毛のカールは適度にしてください。

 

アイシャドウのカラーでオススメなのは、ブラウンやベージュです。
ピンクなど赤味のある色は瞼を腫れぼったく見せるので避けましょう。
ブルーやグリーンなどの寒色系は避けがちな色ですが、奥二重の人なら目元がスッキリ見えます。